キャサリン・レイリー

Kathleen Reiley

メリノール宣教会シスター

キャサリン・レイリー

シスター キャサリン・レイリー
1968年、カトリック・メリノール宣教会のシスターとして初めて来日。1969年から鎌倉で山田耕雲老師の指導の元、三宝禅を始める。1970年、東京の上智大学を卒業、専攻は東洋学。


以来、シスター・キャサリンは日本で生涯をかけて、ネグレクトされる子供達、アルコール依存症、日雇い労働者のサポートに取り組んできた。現在は国立がん研究センター中央病院の小児科でカウンセラーに従事する他、東京とドイツ・ミュンヘンのクリスチャン禅堂で接心を主宰している。

Sister Kathleen Reiley
Practices Zazen with Sanbo Zen at Sanun Zendo in Kamakura.
A Catholic Maryknoll Sister – volunteer counselor for children with cancer and their families.


In 1968, as a Catholic Maryknoll Sister, assigned to Japan .
In 1969 began to practice Zazen with Yamada Koun Roshi with Sanbo Zen in
Kamakura.
Graduated from Sophia University in Tokyo in Far Eastern Studies in 1970.
Sister Kathleen has been devoting her life for neglected children, alcoholics and day
laborers, and as a counselor on the children’s ward of the National Cancer Center
Hospital in Tokyo, her current ministry.
She is also leading retreats at a Zen Christian Zendo in Tokyo and in Munich,
Germany.