島田 啓介

Keisuke Shimada

翻訳・執筆家、「ゆとり家」主宰

島田 啓介

翻訳・執筆家、マインドフルネス瞑想ファシリテーター、プラムヴィレッジ正会員(OIメンバー)、精神保健福祉士、体と心の癒しに取り組む里山ハウス「ゆとり家」主宰。(https://www.yutoriya.net/)

丹沢の里山での生活と瞑想・翻訳・執筆活動を実践中。90年代初期に出会ったマインドフルネス瞑想を実践しながら、様々な分野での伝え手となる。95年のティク・ナット・ハン来日ツアーの中心メンバーで、師の著作の翻訳の多くを手がける。

マインドフルネスを中心にした講演、講座、研修など多数。翻訳書や雑誌などへの執筆多数。講師を勤める大学の授業、オンライン講座、個人面談にも、「日常で活かせるマインドフルネス」の手法を取り入れている。

翻訳の最新刊に『ティク・ナット・ハン詩集:私を本当の名前で呼んでください』(野草社:ティク・ナット・ハン著)、新刊著書に『奇跡をひらくマインドフルネスの旅:ありのままの自分に帰り豊かに生きるための20のレッスン」(サンガ)がある。

「ゆとり家」 https://www.yutoriya.net/

Keisuke Shimada

Book Translator, Writer, Mindfulness meditation facilitator, Plum Village (Order of Interbeing) Member, Psychiatric Social Worker, Yutoriya Workshop House

Living in the farmland and the forest, he works as a writer and book translator.

In early 90s, met mindfulness practice, now practicing and teaching the methods in various fields. One of the organizers of Thich Nhat Hanh Japan tour in 95, he translated many books of him. He offers many public speeches, workshops and trainings of mindfulness centered approach.

Has many books translated mainly about meditation, spirituality, psychology, philosophy, bodyworks and so on. He writes many articles for books, magazines and newsletters as well.