プラユキ・ナラテボー

PhraYuki Naradevo

タイ・スカトー寺副住職

プラユキ・ナラテボー

1962年、埼玉県生まれ 上智大学哲学科卒。
大学在学中よりボランティアやNGO活動に深く関わる。大学卒業後、タイのチュラロンコン大学大学院に留学し、農村開発におけるタイ僧侶の役割を研究。
1988年、瞑想指導者として有名なルアンポー・カムキアン師のもとにて出家。
以後、自身の修行のかたわら、村人のために物心両面の幸せをめざす開発僧として活動。

またブッダの教えをベースにした心理療法的アプローチにも取り組み、医師や看護師、理学療養士など医療従事者のためのリトリート(瞑想合宿)がスカトー寺で定期的に開催されている。
近年は、心や身体に問題を抱えた人や、自己を見つめたいとスカトー寺を訪れる日本人も増え、ブッダの教えをもとにしたサポートを行っている。

また日本にも毎年招かれ、各地の大学や寺院での講演、ワークショップから、有志による瞑想会まで、盛況のうちに開催されている。

著書に、『「気づきの瞑想」を生きる」(佼成出版社)、『苦しまなくて、いいんだよ。』(PHP研究所)、「自由に生きる」「脳と瞑想」「僧侶が語る死の正体」「仏教サイコロジー」(サンガ)、「悟らなくたって、いいじゃないか」(幻冬舎)。
監訳書に『気づきの瞑想で得た苦しまない生き方』(佼成出版社)がある。

・プラユキ公式サポートブログ「よき縁ネット」(http://blog.goo.ne.jp/yokienn)
・ツイッター「プラユキ・ナラテボー(公式)@phrayuki」→https://twitter.com/phrayuki