松木正 2018年 講演概要

ヒーローの旅と死と再生
~「成長」は死に続けること~

 

我々は日々どこで生き、どんな時の中で生きているんだろうか?

 

多くの人は「いま」を生きることなく

「あの時、あそこで・・」という過去の中を生きているのではないか?

 

過去をもとに未来を予想しながら・・・時に怯えながら・・・

起こるべく危険を回避することに取り憑かれ、

それに没頭しながら生きているのではないだろうか?

 

「過去→未来」は幻だ。

脳の中に刻まれた幻だ。

多くの人は、人生を幻の中で生きる。

 

私は「いま」というリアリティーを生きていたい。

願わくば、つながる人々にも。

 

WakanTanka(人知を超える大いなる不思議=創造の力)の御心とともに、

“そのようになろう”とする生命の働きに従いながら、死と再生を繰り返し生きていきたい。

 

それが放つエネルギーと共振しながら、歌い踊るように人生を創造していたい。

 

講演ではシャーマンたちがそうするように、身体感覚に根ざしたセンシエントな(言葉にし得ない微細な)自覚=【第2の注意力】を働かせ、個性化した人生を創造してゆくプロセスを、Lakota族に伝えられる神話の語りや、自らの儀式経験談を通して伝えたい。